志望動機で企業への志望度をしっかりアピールすること

就職や転職の際には、必ずと言っていい程その企業の志望動機を履歴書へ記載したり、面接で良く聞かれる質問の一つとなります。

そこで、他の応募者との差別化をはかり、かつ企業への志望度の高さをアピールするためにも、戦略的な内容を考える事をお勧めします。

面接官は日々多くの応募者と面接をしているため、一般的な志望動機ではあまり心を動かされる事は少なく、よりその企業の事を調べつくした情報や、リアルな意見を取り入れた志望動機に興味を示す事があります。

企業によっては一般消費者向けの商品やサービスを手がけるビジネスもあり、消費者としてその企業に触れることが出来るケースがあります。

例えば、販売店舗を展開している企業の場合、実際に店舗へ足を運び、そこで働く従業員の方と話しをし、接客を実際に体験すると良いでしょう。

その中で感じた良い点や、その企業の魅力を面接で伝える事で高い志望動機を伝える事が出来ます。ここで重要なのが、よりリアルな情報を織り交ぜる事で、面接官に明確なイメージを伝える事が出来ます。

いつ、どの店舗へ行き、接客をしてもらった店員の名前を伝え、どういった話しをし、消費者としてどの様に感じたのか、という情報まで入れ込むことで、実際に店舗へ足を運んだイメージを伝える事が出来ます。

そして競合他社との比較という視点も重要で、企業は日々競合との差別化に励むこともあるため、どの様な違いがあり、なぜこの企業でなければいけないのかという理由でアピールします。

ご自身の意見や考えと結びつける事で、ご自身とその企業の方向性が一致しているため、この企業でなければいけない理由となる、という様に論理的かつ整合性がある回答を準備しておきましょう。

しかし、ここで他社にあたる企業に対して愚痴に聞こえない様なプレゼンテーションがお勧めです。

そして最後に、今後のご自身のキャリアや今持っているスキルや経験がどの様に企業へ貢献出来るのか、という点は面接官の心を動かす秘訣です。

ご自身が持つ経験がスキルが今のこの企業に対して、この様な貢献が出来るという内容で話し、可能な範囲で数字を織り交ぜるとより説得力が増す事でしょう。

営業職の人であれば、これだけの顧客開拓によりこれだけの売上げ増加に貢献出来るという様なプレゼンテーションは、魅力的かつ、事前に色々と準備をしたという志望動機にも繋がるでしょう。

この様に志望動機は戦略的な事前準備とプレゼンテーションで面接官への影響力を大きく変えることが出来ますので、是非一度じっくりと考えて準備してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です