人事担当に聞いた志望動機で抑えるべきポイントは?

就職活動や転職活動のときに必ず必要になるのが「志望動機」です。

この志望動機について何と答えるのがいいか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

某一部上場企業の人事担当を務めていた友人に聞いた「志望動機を評価するときの3つのポイント」について説明します。

ポイント① 他の企業に対しても通用しそうな言葉ではないか

志望理由を聞いても「それってうちの会社じゃなくてもいいよね」と言いたくなるような回答は減点対象になるそうです。

この場合、その企業ではなく業界に対しての志望理由だけを語るケースが多く、同業他社にも同じ志望理由を言っているのだろうと判断されます。しっかりとその企業独自の魅力を語れるようにすることが大事です。

これが出来なければ評価は×です。

ポイント② 説明が論理的であるか

次に人事が評価しているのは、論理性です。何故なら面接官は志望動機を聞きたいだけではなく、その人の説明力(論理性)も評価しているからです。

話の起承転結を意識すると、説明に論理性が出てくるのでおすすめです。これができれば及第点はクリアと言えます。

ポイント③ その人独自のストーリーに仕上がっているか

当然と言えば当然ですが志望動機というのはどうしても、みんな似通ったものになりがちで、一人一人の志望動機はなかなか印象には残りません。

しかし就職活動では、人事担当者の印象に残ることが非常に重要です。

そのため、印象に残る志望動機にするために自分独自のエピソードを交えることが出来れば高評価になると言えます。

友人の話では、採用面接時にはいくつかの評価項目がありますが、志望動機に関しては上記3つが評価項目であり、採用が決まった人の多くは、この3つの項目がすべて高評価だそうです。

ちなみに更に聞いた話では、採用面接時の評価項目と評価結果については、社長や役員などの重役にも提出され、重役による採用可否の判断材料として使われるそうですが、実は評価項目には載っていない人事担当者だけが気にしている裏評価ポイントがあるそうです。

それは「内定を出したときに他所に行かずに、ちゃんと自分の企業に入社してくれそうかどうか」という点です。

人事担当者に課せられた使命は一定数の人材の確保かつ優秀な人材の確保です。

そして特に重要視されているのは一定数の人材を確保するということです。

そのため、人事担当者としては、せっかく内定を出したけど、他所にいかれたせいで一定数の人材の確保が出来なかったというケースは、自分自身の評価が下がってしまうので絶対に避けたいと言っていました。

志望動機は必ず面接時には聞かれる質問事項です。

そのため先に挙げた3つのポイントをおさえるのはもちろんのこと、「内定出してくれたら浮気はしませんよ」という思いを、上手く志望動機に織り交ぜておくことも、人事担当者からの評価をあげるポイントになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です