志望動機はなぜその業界でその中でもその会社かを訴えるべき

就職や転職時の面接で必ず聞かれる項目として、その会社を志望した動機があります。

聞かれるであろうことは分かっていて事前に考えをまとめて置こうと考えますが、簡単なようで意外と悩む事も多い項目です。

志望動機に関する答えとしては、まずなぜその業界を志望するのか、そしてその後に業界内でなぜその会社を志望するのかと言う2点に絞ればまとめやすいものです。

最初に自分の興味やスキルから、その業界を志望する理由を説明します。

例えばスポーツ用品の販売チェーン店なら、学生時代にあるスポーツに打ち込んで来て、スポーツに関して興味と知識があり、スポーツをする人達に自分の経験を活かして適切な用品選択のアドバイスをして上げ、多くの人がスポーツを楽しみ、打ち込む事を応援して上げたい事、そして自分は比較的人と話すのが好きで、接客業に向いている点などをまとめて話します。

その上で、多数あるスポーツ用品販売企業の中で、なぜその会社を志望するのかを上げます。

この理由を組み立てるには、事前に少し会社の研究をして、考えをまとめる事が必要です。

具体的には、何社かの同業企業のHp等で企業理念やその会社が力を入れている点などをリストアップし、自分の考えと合致する点を説明すれば良いでしょう。

ただし、その会社を志望する理由を強調するために、同業他社をこき下ろす様な発言は慎むべきです。

会社の実態を知らない若い人が、物知り顔でそうした発言をする事は、面接官に決して良い印象を与えません。

比較検討した結果、「御社の***と言う企業理念に最も惹かれたから」と言う様にさらっとまずは応えると良いでしょう。

その上で、面接官がしつこくなぜ同業他社で無いのかを突っ込むなら、事前に会社研究した中から、少し同業他社の考え等で課題だと引っかかった点などを話す様にすべきでしょう。

こうしたステップで志望動機を説明すれば、他の会社へのアプローチの有無を聞かれた時にも、自分には接客業が向いている点から、スポーツ用品販売以外の販売を行う業界をいくつか挙げ、その中で自分が惹かれる会社をいくつか受ける予定であることを告げる事につなげる事が可能です。

面接では、何かにつけて極端な発言は避け、控え目な中にも自分の想いや考え方がにじみ出る様に応えるのが理想です。

また、質問の答えに少し窮するような事があれば、黙るのではなく、不勉強で知らないけれど、これからしっかりそうした事も学んで頑張りたいと前向きに答えるのが原則で、志望動機についてのやり取りの中でもこの基本は忘れない様にすると良いでしょう。

志望動機の例文を集めました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です