志望動機で面接官に響かせる方法とコツ

仕事を決める上で、面接はどこの会社でも行いますが、志望動機はどこの会社でも聞かれる事です。

基本的に会社が欲しい人材は、能力がある事はもちろんですが、仕事への熱意がある人です。志望度が高く、企業への熱意がある人は、モチベーション高く仕事に取り組み、活躍してくれる可能性が高いと判断するからです。

志望動機は、会社の面接で大きく影響します。面接を成功させるためには、志望動機を固めておく必要がありますが、志望動機を上手く伝える方法はコツを理解する事が肝要です。

ビジョンを明確にして伝える

志望動機をどう伝えればいいか分からない人は多いですが、志望動機は型を使えば、説得力あるものに仕上げられます。

普通に御社のこんなところが良いと答えるのではなく、ビジョンがある事を伝えて、そのビジョンを実現するには御社で働く事という構成にすることで、強い熱意が面接官に伝わります。

合わせて、ビジョン型志望動機の中でも、重要な部分として、業界の中でなぜ御社なのかという箇所で、事前に面接に行く会社の情報を頭い入れておくことで、詳しく語る事が出来れば、会社への強い志望度を伝えらます。

志望動機の根拠に注目する

どうしても志望動機はかぶりがちになってしまいます。人と被るという事は埋まってしまうので、良い印象を伝える事が出来ないです。

被らないようにするために、一番簡単な方法は、志望理由なのかという根拠を肉付けする方法が効果的です。面接では基本的にライバルが多く存在する事を意識して臨む事が肝要です。

将来の視点を伝える事

会社に入社した後に、どうやって活躍したいのかを具体的に述べられると良いです。

目標やどんな人材になりたいかなどの将来の視点を伝える事で、働きたいという熱意が伝わります。会社で働く積極的な意欲を伝えられます。

ありきたりな志望動機は避ける事

ありきたりな志望動機は、避ける事が必要です。ありきたりな志望動機では、面接官は聞き飽きています。

できるだけ他の人と違う詳しい志望動機を語るように意識すると良いです。説得力のある志望動機を語るには、詳しく企業を知る必要がありますが、ライバルと差をつけるためにも企業情報はしっかり勉強する必要があります。

まとめ

面接における志望動機は、大きく結果に影響するので、面接官に響くような内容にしておく必要があります。

イレギュラーな質問が来ても良い用に企業情報研究をしっかり行って、面接で伝わりやすい志望動機を言えるようにしておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です